知識と雑学の備忘録


記事の内容

前へ | 次へ

世界一短い戦争・世界一長い戦争、日露戦争は最近終わった?
2007/06/15 23:44

世界一短い戦争それは、イギリスとザンジバル(現在のタンザニア)
間に起こった戦争で、1896年8月27日午前9時に戦争が開始され、
45分後に終了した。

世界一長い戦争それは、335年戦争と呼ばれるもので、オランダとシリ
ー諸島との間に起こった戦争で、1651年から1986年まで335年間続いた。

なお、日本もつい最近まで100年近くにも及ぶ長い戦争をしていた。
その戦争とは、日露戦争である。

日露戦争は1904年に開戦し、翌1905年のポーツマス条約の締結により
終結した。しかし、当時、ロシア以外にも日本に宣戦布告していた国が
あった。ロシアの同盟国であったモンテネグロである。そして、モンテ
ネグロは、日露戦争終結後もポーツマス条約には調印しなかった。
というより、条約締結の場に呼ばれなかったので調印できなかった。
なぜなら、日・露・米の三国ともその存在を忘れちゃっていたのである。
よって、日本とモンテネグロは最近まで国際法上、戦争継続中であった。

そこで、開戦から100年近く経った、2001年、元サッカー選手サヴィチ
ェヴィッチがモンテネグロ代表として来日したついでに、終戦に合意。
日露戦争は、モンテネグロとの間でも正式に終戦した。

参照:Wikipedia「イギリス・ザンジバル戦争」
  :Wikipedia「Three Hundred and Thirty」
  :知泉Wiki「日露戦争」

更新への活力⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ:歴史に関する雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(2)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog