知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アダムとイヴが食べた禁断の果実は本当にりんご?
「主なる神はアダムに園になる全ての木の実を食べることを許したが、
 中央にある善悪の知識の木だけは食べることを禁じた。
 しかし、蛇は言葉巧みにイヴに近づき、木の実を食べさせることに成功した。
 アダムもイヴに従って木の実を食べた。二人は突然裸でいることが恥ずかしくなり
 イチジクの葉をあわせて身にまとった。主なる神はこれを知って驚き、怒った。
 こうして蛇は地を這うよう定められた呪われた存在となった。」

では『アダムとイヴが蛇に騙されて食べた禁断の果実は何か?』

答えは「りんご」      ではない。・・・・・かもしれない。
なぜなら、『旧約聖書』に、禁断の果実を「りんご」と特定する記述が
一箇所もないからである。

禁断の果実を「りんご」として、誰もが認識するようになったのは17世紀以降。
ジョン・ミルトンの『失楽園』という著作で書かれてからといわれている。
(『失楽園』は不倫の物語ではなく、神の禁を破って「禁断の果実」を食べた
アダムとイヴがエデンの園を追放される話)

なお、イヴがアダムに渡したこの「禁断の果実」(りんご?)が
世界で最初のギフト(贈り物)だったともいわれている。

参照:Wikipedia「原罪」
   知泉Wiki「アダムとイブ」
   Wikipedia「失楽園」

明日への希望⇒ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
公認サンタクロースの資格を取得し、晴れて公認サンタクロースになるには
グリーンランド国際サンタクロース協会(本部デンマーク)が
公認する、いわゆる『公認サンタクロース』になるには、
まず、下記の条件をクリアしていることが必要となる。

 ・結婚していること
 ・子供がいること
 ・体重120㎏以上(衣装など装備含む)
 ・毎年、真夏のデンマークで開かれる
  世界サンタクロース会議に出席してのライセンス更新
 ・上記会議出席の際に、自宅からサンタクロースの衣裳で向かうこと
 (移動の途中で脱いではないらない)
 ・他国のサンタクロースとコミニュケーションできること

そして、上記資格を満たすものは、
グリーンランド国際サンタクロース協会の試験を通過することで、
晴れて公認サンタクロースとなることができる。

試験科目には、プレゼントを持っての煙突登り、
クッキーの早喰い等の体力試験や
長老サンタクロースとの面接などがあるらしい。

グリーンランド国際サンタクロース協会(本部デンマーク)が
公認するサンタクロースは、2006年現在、世界で約180人。

日本人では、パラダイス山元がアジア人初の
公認サンタクロースとなっている。


参照:教えて!goo「サンタクロースの資格があると聞いたのですが」
  :Wikipedia「サンタクロース」

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

嘘つきのパラドックス(論理的矛盾)
「クレタ人は嘘つきである」とクレタ人のエピメニデスは言った。

上記の文章が、嘘つきのパラドックスといわれるもので、
論理的に矛盾している。というのは、

・「クレタ人は嘘つきである」というエピメニデスの発言が本当なら、
 それを言ったエピメニデスは正直者ということになる。

 しかし、クレタ人であるエピメニデスが正直者であるなら、
 「クレタ人は嘘つきである」という最初の発言と矛盾する。

また、

・「クレタ人は嘘つきである」というエピメニデスの発言が嘘なら、
 それを言ったエピメニデスは嘘つきということになる。

 しかし、「クレタ人は嘘つきである」という発言が嘘ならば、
 クレタ人は正直者ということになる。すると、クレタ人である
 エピメニデスが嘘つきであることと矛盾する。


このパラドックスの出典は、新約聖書中の「テトスへの手紙」である。

「クレタ人のうちの一人である預言者エピメニデスが
次のように言いました。クレタ人はいつも嘘をつき悪い獣、
怠惰な大食漢だ」(新約聖書 テトス書 1章12-15節)

嘘つきのパラドックスは
エピメニデスのパラドックスとも言われ、
自己言及のパラドックスの一つである。

自己言及のパラドックスの最も簡単な例は、
「この文章は嘘である」である。

参照:Wikipedia「自己言及のパラドックス
   真の哲学体系を求めて

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

七つの大罪
【キリスト教徒が伝統的に人間を罪に導く可能性があるとみなしてきた欲望や感情】

1.傲慢(pride, vanity) 
司る悪魔は、ルシファーまたはベリアル

2.嫉妬(envy, jealousy)
司る悪魔は、リヴァイアサン

3.憤怒(wrath, anger)
司る悪魔は、サタン

4.怠惰(sloth, accidie, acedia)
司る悪魔は、ベルフェゴールまたはアスタロス

5.強欲(avarice, covetousness, greed)
司る悪魔は、マモン

6.暴食(gluttony)
司る悪魔は、ベルゼブブ

7.色欲(lust)
司る悪魔は、アスモデウス

参考:Wikipedia 「七つの大罪」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。