知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人の名前が由来になっているもの(サンドウィッチ伯爵・コンドーム伯爵etc.)
・サンドウィッチ
 イギリスの貴族、サンドウィッチ伯爵が由来。
 サンドウィッチ伯爵は、無類のトランプ好きで食事を取る時間も
 惜しむほどだった。そこで、ゲームの合間に片手でも食べられる
 ようにパンに具を挟んだものを常に用意させていた。
 これが、いつしかサンドウィッチと呼ばれるようになった。
 なお、サンドウィッチ伯爵の子孫はサンドウィッチ屋をしている。

・コンドーム
 イギリスのチャールズ2世の侍医・コンドーム伯爵が発明。
 当時は、油を塗って伸ばした羊の腸を使ったとか。

・レオタード
 フランスの人気曲芸師、ジュール・レオタールに由来。
 レオタールは演技中、体にフィットした服を着ていた。

・ボイコット
 アイルランドのチャールズ・ボイコット大尉が由来。
 土地の管理者だったボイコット大尉は、小作人らと年貢について
 争議になったのだが、その時、周囲の村人が一致団結して
 ボイコット大尉との関わりを断ってしまった。
 それによって追い込まれた大尉は小作人らの要求を受け入れた。

・カーディガン
 英国陸軍軽騎兵旅団長のカーディガン7世伯爵・ジェームズ・トーマス
 ・ブランデルが考案。怪我をした者でも着易いように
 Ⅴネックセーターを前開きにしてボタンでとめられるようにした。
 なお、カーディガン7世伯爵は無茶な突撃で有名だったとか。

・ブルマ
 女性解放運動家のアメリア・ジェンクス・ブルーマーの発案。
 コルセットで腹を締めるような当時の下着に反発した女性解放運動家に
 よって、自由度が高くゆとりのある下着として考案された。
 発明当初はニッカボッカのように膝まで丈があったとか。

・ドーベルマン
 19世紀末、ドイツのルイス・ドーベルマンによって警備犬として
 ジャーマン・シェパードとジャーマン・ピンシェルとの交配により
 生み出された。

・サランラップ
 ラドウィックとアイアンズという二人の技術者がピクニックに行った時、
 ポリ塩化ビニリデンフィルムにレタスを包んでいったことがきっかけで生まれた。
 商品名は二人の開発者の妻、サラ (Sarah) とアン (Ann) にちなんで名付けられた。

・レントゲン
 Ⅹ線を発見したヴィルヘルム・コンラート・レントゲンに由来する。
 なお、レントゲンはⅩ線の特許を一切取らなかった。
 「人類が広く自由に利用して沢山の人の命を救うべき」と考えたからである。

・アメリカ
 アメリカ大陸を発見したのは、かの有名なクリストファー・コロンブスであるが、
 コロンブスを初めとする皆がアメリカ大陸を「東アジア」であると考えたのに対し 
 アメリゴ・ヴェスプッチは「アジアとは別の大陸」であると主張した。
 後に、アメリゴの主張が正しいことが確認されたため、
 彼のラテン語名Americusから新大陸に「アメリカ」という名前が付けられた。

雑学ブログランキング・にほんブログ村へ

関連雑学:
[030] 以外とおもしろい会社名の由来
[043] 以外とおもしろい会社名の由来2
[040] 芥川龍之介と直木三十五の名前(ペンネーム)の由来

参照:
Wikipedia「サンドウィッチ」
コンドーム伯爵の憂鬱
Wikipedia「レオタード」
Wikipedia「ボイコット」
Wikipedia「ブルマ」
UVカット カーディガン
Wikipedia「ドーベルマン」
Wikipedia「サランラップ」
Wikipedia「レントゲン」
Wikipedia「アメリゴ・ヴェスプッチ」
スポンサーサイト

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術

以外とおもしろい会社名の由来2
EDWIN
JEANSの生地デニム(DENIM)の「M」を逆さにして「W」にしてから並べ替えをしてEDWIN。
本拠地の東京(江戸=ED)が勝つ(勝=WIN)からという説もあり。

ボブソン
日本製のジーンズを世界で販売し、「ボブ」(アメリカの一般的な名前)
「ソン」(損)をさせるという意味から

ロッテ
「若きウェルテルの悩み」のヒロイン「シャルロッテ」から
シャルロッテは”永遠の恋人”、ロッテは”お口の恋人”

サンスター
太陽(サン)の出る朝に歯を磨き、星(スター)の出る夜にも歯を磨くという意味

セガ・エンタープライズ
サービス(Service)の頭文字「SE」とゲーム(Game)の頭文字「GA」から

フマキラー
「フ」はFly(ハエ)、「マ」はMosquito(蚊)、ハエと蚊を殺す者(Killer)という意味

ダスキン
ダスト(dust)と雑巾(ぞうきん)の合成語

AUTOBACS
A=Appeal(アピール)、U=Unique(ユニーク)、T=Tire(タイア)、O=Oil(オイル)、
B=Battery(バッテリー)、A=Accessory(アクセサリー)、C=Car audio(カーオーディオ
S=Service(サービス

ASICS
ラテン語の格言『Anima Sana InCorpore Sano』
(健全な精神は健全な肉体に宿れかし)から

TSUTAYA
祖父の事業の屋号が「蔦屋」

HOYA
東京都保谷市で創業

すかいらーく
skylark=ひばり、すかいらーくの前身がひばりが丘団地で創業

大正製薬
大正元年(1912年)の創業

明治製菓
明治グループの製菓会社。創業は大正になってから。

SSK(エスエスケイ)
創業者の姓が佐々木(SaSaKi)なので

小岩井農場
野義信(日本鉄道会社副社長)、崎弥太郎(三菱社社長)
上勝(鉄道庁長官)の創始者三人の頭文字から

イトーヨーカドー
創業者の伊藤氏が、羊華堂という洋服屋を営んでいた事から

庄や
「大名にはなれなくともせめて庄屋に」との願いを込めて

八十二銀行
第十九銀行六十三銀行が合併してできたので、19と63の合計値より

109
109=東急の語呂合わせと午前10時から夜9時までの営業時間から

叙々苑
焼肉を焼く音より、外国人には「ジョージョー(JOJO)」と聞こえる

サンガリア
「国破れて山河あり」から

コクヨ
「国誉」、国(郷土)の誉れになるように

グンゼ
「群是」(郡の方針)。国の方針は「国是」、会社の方針は「社是」。
創業の地である京都府何鹿群の地場産業である蚕糸業を振興目的としたから。

参照:雑学の鬼 「名前の秘話」傑作選など

投票⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術

芥川龍之介と直木三十五の名前(ペンネーム)の由来
日本の二大文学賞である直木賞芥川賞は、両方とも、二人の友人で
あった文藝春秋社の菊池寛がそれぞれ芥川龍之介と直木三十五を
記念して1935年(昭和10年)に創設した賞で、芥川賞は純文学の新人、
直木賞は大衆文学の新人に与えられる。ちなみに、菊池寛は、
日本麻雀連盟初代総裁を務めた程の麻雀好きとしても知られている。

それでは、この二つの賞に名前を冠されている
直木三十五と芥川龍之介の名前の由来について。

『芥川龍之介』は本名である。

「龍之介」の名前は、辰年辰月辰日辰の刻に生まれたことに
由来すると言われているのだが、芥川の誕生日の1892年(明治25年)
3月1日は、干支暦では壬辰年壬寅月壬辰日である。

『直木三十五』はペンネームで、本名は植村宗一である。

ペンネームの「直木」は「植村」の「植」の字を分解してひっくり
返したもの。「三十五」については、31歳になった時に、年齢に合わせて
「直木三十一」というペンネームを名乗ったのをきっかけに、
以降、「三十ニ」「三十三」と名前を変えていき、35歳になった時
「直木三十五」とした。なお、34歳の時は、縁起が悪いという理由で
「三十四」が飛ばされた為、「直木三十三」は二年間使用された。

そして、「直木三十五」にしてからは、43歳で没するまで、ずっと
このペンネームを使い続けたのだが、「直木三十六」にしなかったのは、
「三十六計逃げるに如かず」と茶化されるのが嫌だったそうである。


最後に『吉村昭』という文学者の芥川賞にまつわる悲劇を。

・彼は、芥川賞に4度もノミネートされたのに、1度も受賞できなかった。
・しかも、そのうち一度は、誤報により受賞した気で会場に行ってしまった。
・そして、ようやく芥川賞を受賞した・・・・・・・・・・・・。妻が。

関連雑学:
[009] ピカソの長すぎる本名
[043] 以外とおもしろい会社名の由来2
[043] 以外とおもしろい会社名の由来2
[049] 人の名前が由来になっているもの(サンドウィッチ伯爵・コンドーム伯爵他)

参照:
Wikipedia『芥川龍之介』
Wikipedia『直木三十五』
Wikipedia『吉村昭』

正しくはトリビア⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

包丁・出刃包丁の名前の由来
まず、『包丁』の名前の由来について。

『包丁』の名前は、中国の書物『荘子』に出てくる庖丁(ホウテイ)
と呼ばれる料理人の名前に由来する。

庖丁は、見事な刀捌(かたなさば)きで舞うように牛を一頭捌き、
その様子を見た魏の恵王を感激させ、庖丁が19年使い続けた刀は
刃こぼれひとつしなかったという。

後に彼をたたえて料理用の刀のことを「庖丁(ホウテイ)」と
呼ぶようになった。

なお、日本に伝わった際に、庖丁(ホウテイ)は日本語読みで
「ほうちょう」となり、「庖」は当用漢字でなかった為、
同音の「包」で代用されて現在の『包丁』となった。

次に『出刃包丁』の名前の由来について。

「出刃包丁」の発祥の地は、江戸時代の大阪府堺。
江戸時代に人気になったこの刃が厚く重い包丁は、
なんと、作った鍛冶屋が出っ歯だった為、『出刃包丁』の名前で定着した。

参照:Wikipedia「包丁」

ランキング⇒ランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。