知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミランダ警告
アメリカで、警察官が容疑者を逮捕するときに言い渡すことが義務づけられている警告。
下記4項目の告知がされていない状態での供述は、公判で証拠として用いる事が出来ない。

1.You have the right to remain silent.
2.Any statement that you make could be used against you in a court of law.
3.You have the right to have an attorney present when being questioned.
4.You have the right to a court appointed attorney if a private attorney is not affordable

1.あなたには、黙秘権がある
2.あなたの言ったことは、何であれ、法定で不利な証拠となることがある
3.あなたには、弁護士の立会いを求める権利がある
4.あなたに弁護士を雇う資力がない場合には、国選弁護人を付けてもらうことができる

いちど誘拐・強姦の罪で収監されたものの、
警察官が逮捕の際に黙秘権のことを容疑者に知らせなかったことを根拠に、
無罪を主張して釈放された男、エルネスト・ミランダの名前に由来する。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。