知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心理マジック(トランプマジックのタネ)
トランプのカード ダイヤの9 トランプのカード ハートの4 トランプのカード ハートのエース トランプのカード クラブの7 トランプのカード ハートのキング

 問題です。

 「ここに5枚のカードがあります。」

 「これから、あなたに、1枚のカードを心に思ってもらいますが、
 中央にダイヤのA(エース)があります。これは一番目立つカードです。
 またクラブの7がありますが、これはたった1枚の黒いカードでこれも目立ちます。
 ハートのキングK(キング)も一枚の絵札で何か意味があるかもしれません。

 しかし、あなたはそんなことを気にしないで、一枚だけを心に思ってください。
 もっと強く。もっと強く。思ったカードを途中で変更してはいけません。」


 「さて、あなたの選んだカードはハートの4ですね。」
 (答えの箇所をドラッグしてください。)

 上記は、マックス・メービンというマジシャンが
 実際にテレビ・ショーで行ったマジックである。

 このマジックはダイ・バーノンという人が考案した「メンタル・フォース」
 という心理マジックで、成功率は95%以上とのこと。

 このマジックにおいて、5枚のカードを見て、上記のように話しかけられた場合、
 選ぶ側は、話に出てきたダイヤのA、クラブの7、ハートのKは無意識のうちに除外する。
 そして、残りは、ダイヤの9とハートの4だが、
 ダイヤの9は端にあるので、除外される確率が高くなり、
 自然とハートの4を選んでしまう。


 参照:トリックの心理学
スポンサーサイト
シーザー暗号
シーザー暗号とは、古代ローマのガイウス・ユリウス・カエサル(英語読みでシーザー)が
初めて使ったことから、この名称がついた暗号技術である。

シーザーは紀元前1世紀頃に、原文の“a”を“d”、“b”を“e”と読み替える、
というように各文字を3文字後ろへシフトして暗号を作成したといわれている。
例えば、シーザー暗号によって「Hello」を暗号化すると「Khoor」となる。


極めて単純な暗号ではあるが、現代の暗号においても重要な要素である
アルゴリズム(暗号化や復号化を行うための手順)と
鍵(暗号化に用いるパラメータ)が含まれている。

シーザー暗号におけるアルゴリズムは、「元のアルファベットを辞書順である数だけ
後ろにある文字と置き換える」であり、鍵は「3」である。

なお、鍵の個数は25であるので(アルファベットは全26文字である為)、
全数検索(総当り攻撃)によって解読される。


参照:wikipedia「シーザー暗号」

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

〒(郵便記号)の由来
日本の郵便事業・郵便番号のシンボルマークである
(郵便記号)の由来について

1887年(明治20年)2月8日、当時の逓信省(現在の総務省、元郵政省)は、
「今より『T』字形を以って本省全般の徽章とす。」と
一度は『T』マークを郵便を表わすシンボルとして告示した。

しかし、告示後しばらくしてから、2月19日の官報で
「実はTではなくの誤りだった」と訂正し、現在に至っている。

ところで、なぜ最初に発表した『T』を訂正して、
現在まで残っているへ変更したのか。
この経緯に関しては、次の二つの説がある。

1.一旦は、『T』に決まったが、『T』は国際郵便の郵便料金不足の印として
 万国共通に使用されていることが判明したので、変更することになった。
 そこで、『T』の上に一本足すと「テイシンショウ」の頭文字
 カタカナの「テ」となるので、にしたという説

2.元々、『T』が第一案、が第二案として提出された。
 そして、検討の結果、第二案のが採用されることとなった。
 しかし、『T』の方が間違って告示されたため、これを後で訂正したという説


※なお、最初に告示されたTマークの由来についても、
 逓信省をアルファベットにした場合(Teishin)の頭文字説と
 逓信省の逓と同じ読みの「丁(てい)」を図案化した説の二説がある。

参照:Wikipedia「〒」
  :郵便裏話??
ドラえもんの基本データ
生年月日 :2112年9月3日
出身地  :マツシバロボット工場
身長   :129.3cm
体重   :129.3kg
バスト  :129.3cm
ウエスト :129.3cm
ヒップ  :129.3cm
足の長さ :129.3mm
パワー  :129.3馬力

ネズミを見たときに飛び上がる高さ   :129.3cm
ネズミを見たときにネズミから逃げる速さ:129.3km/h

▽129.3という数字
のび太の学年が小学4年ということで
連載時(1969年)の小学4年生女子の平均身長から引用したとのこと。
これは、子供を見下ろさない視点という発想から。

全身   :極微反重力コーティング。ゴミや泥はふき取るだけできれいになる
耳    :ネズミにかじられた後、治療の際の医療ミスで喪失
鼻    :20倍の嗅覚を持つ強力鼻(故障中)
ひげ   :周囲の物体を周囲の物体を感知する3対のレーダーひげ(故障中)
口    :フードカッターと呼ばれる歯がある
首    :ネコあつめすず(故障中)
おなか  :四次元ポケット(脱着・洗濯可能)
しっぽ  :メインスイッチになっており、引っ張ると全機能が停止
手    :あらゆる物体がくっつくペタリハンド
足    :反重力機能により地面から3ミリメートル宙に浮いている

好物   :どら焼き
苦手   :ネズミ

参照:Wikipedia「ドラえもん (架空のキャラクター)」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。