知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西郷隆盛は本名ではない?肖像画も本人ではない?
明治維新の立役者、西郷隆盛。本当の名前は隆永(たかなが)である。
では、なぜ、西郷さんは「隆盛」になったのか。

明治2年(1869年)、明治政府樹立に貢献した西郷隆盛は明治天皇から
位階を授かることになり、明治政府は書類に西郷の本名を記す必要が生じた。

そこで、明治政府は、西郷本人が函館遠征中で連絡がつかなかった為、
西郷の友人吉井友実(ともざね)に西郷の本名を聞きに行った。

吉井は西郷を通称の「吉之助」と呼んでいた為、本名をなかなか
思い出せなかったが、やっと思い出した「隆盛」という名前を伝え、
明治政府は「西郷隆盛」で書類を作成した。

ところが、吉井がやっと思い出した「隆盛」という名前は、実は西郷の父親の名前。
西郷は帰京後、この間違いを知ったが訂正せず、以後、父親の名前「隆盛」を名乗り、
戸籍にも「隆盛」と登録され、西郷隆盛となったのである。


西郷隆盛の肖像画


また、有名な西郷隆盛の肖像画は正確には本人のものではない。

西郷隆盛の肖像画は、西郷隆盛が亡くなった次の年の1878年に
キヨッソーネというイタリア人銅版画家が、人から特徴を聞いたり、
弟の西郷従道(つぐみち)やいとこの写真を参考にして描いたもので、
作者のキヨッソーネは西郷隆盛の顔を見たことがなかった。

西郷さんは、明治天皇が写真を欲しがった時でも断ったほどの
写真嫌いで西郷の顔写真は一切残っていない。

ちなみに、上野の西郷さん、連れている犬はツンという名前のメス犬。

参照:トリビアの泉で沐浴No.259 西郷さんの名前は「隆盛」ではなく「隆永」
写真:Wikipedia「西郷隆盛」

ほぉ⇒ランキング
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

アメリカの首都ワシントンD.C.は何州にあるか
アメリカ合衆国の首都であるワシントンD.C.(Washington,D.C.)は、
ワシントン州にあるかというとそうではない。
ワシントン州は西海岸にあり、東側にあるワシントンD.C.とは、全く別の場所にある。

アメリカ 州名入り地図


では、ワシントンD.C.はどの州に属しているかというと、
「連邦議会の直轄区なので、実はどの州にも属していない。」が正解となる。
そして、ワシントンD.C.がどの州にも属していないのには、
次のような経緯がある。

アメリカの独立当初の1783年、連邦政府はフィラデルフィアにあった。
しかし、「合衆国全体の政府が特定の州にあるのはいかがなものか」
ということで、メリーランド州とバージニア州が提供した
ポトマック河畔の260平方キロの土地に新首都が建設され、
1790年、新首都ワシントンD.Cが誕生した。

ちなみにワシントンD.C.のD.C. は The District of Columbia
(コロンビア特別区)の略で、南アメリカのコロンビア共和国と同様に
アメリカ大陸の発見者クリストファー・コロンブスにちなんでいる。

また、アメリカの首都は『ニューヨーク』という能天気な間違いもあるが、
アメリカ独立時であれば、『ニューヨーク』という回答は正解であった。
アメリカが独立した1776年、アメリカの首都はニューヨークであった。

参照:世界で一番おもしろい地図帳
  :Wikipedia「ニューヨーク」
地図画像:アメリカ大陸30000km

へぇ⇒ランキング

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。