知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マラソンの最長記録は54年8ヶ月6日5時間32分20秒3
マラソンの最長記録、つまりはワースト記録は、日本の金栗四三が記録した
54年8ヶ月6日5時間32分20秒3である。

金栗四三は1912年に開催されたストックホルムオリンピックのマラソンに
出場したが、32キロ付近で意識不明となり棄権した。
しかし、棄権の意思がオリンピック委員会に伝わらず金栗は記録上、
競技中に失踪し行方不明」となった。

時は流れて、1967年にストックホルム市がオリンピック開催55周年を
記念する式典を開催することになったのだが、当時の記録を調べていた
オリンピック委員会は金栗が「行方不明」のまま、完走も棄権もしていない
ことを発見し、金栗に改めて棄権、もしくは完走するように要請した。

要請を受けた金栗はストックホルムへ赴き、式典の中で当時のコース
(実際には競技場内の100メートルを走っただけで、残りの10キロを走ったこと
にした)を走ってゴールし、ゴールまで半世紀以上という公式記録が残された。

ゴールの瞬間には「日本の金栗がただ今ゴール。タイムは55年。
これで第5回ストックホルム大会の全日程は終わりました」
とアナウンスされ、
金栗四三は「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」と応えた。

チヨコレイト!⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

関連雑学:
[046] マラソンの距離はなぜ42.195kmなのか
[038] 世界で始めての始球式、投げたのは誰?

参照:金栗四三展・図録
   :Wikipedia「マラソン」
スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。