知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〒(郵便記号)の由来
日本の郵便事業・郵便番号のシンボルマークである
(郵便記号)の由来について

1887年(明治20年)2月8日、当時の逓信省(現在の総務省、元郵政省)は、
「今より『T』字形を以って本省全般の徽章とす。」と
一度は『T』マークを郵便を表わすシンボルとして告示した。

しかし、告示後しばらくしてから、2月19日の官報で
「実はTではなくの誤りだった」と訂正し、現在に至っている。

ところで、なぜ最初に発表した『T』を訂正して、
現在まで残っているへ変更したのか。
この経緯に関しては、次の二つの説がある。

1.一旦は、『T』に決まったが、『T』は国際郵便の郵便料金不足の印として
 万国共通に使用されていることが判明したので、変更することになった。
 そこで、『T』の上に一本足すと「テイシンショウ」の頭文字
 カタカナの「テ」となるので、にしたという説

2.元々、『T』が第一案、が第二案として提出された。
 そして、検討の結果、第二案のが採用されることとなった。
 しかし、『T』の方が間違って告示されたため、これを後で訂正したという説


※なお、最初に告示されたTマークの由来についても、
 逓信省をアルファベットにした場合(Teishin)の頭文字説と
 逓信省の逓と同じ読みの「丁(てい)」を図案化した説の二説がある。

参照:Wikipedia「〒」
  :郵便裏話??
コメント
コメント
はじめまして!
郵便記号にも歴史があるんですね!
勉強になります!
2006/12/30(土) 16:07:32 | URL | ザツガクブログ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chewbacca.blog19.fc2.com/tb.php/17-1c63bb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。