知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカの国旗に隠された意味とは
アメリカ国旗

一般に星条旗(Stars and Stripes) と呼ばれ
オールド・グローリー (Old Glory)と呼ばれることもある
アメリカ合衆国の国旗について。

左上の星の数は現在の州の数50を表している。
その為、アメリカでは州が増えるごとに
国旗のデザインを変更している。
現在の国旗は、ハワイが州に昇格した翌年の
1960年に制定されたもの。

赤と白の13本の横縞は、
独立当時の州の数13を表わしている。
以前は、州が増えるごとに縞数を増やしていたが、
デザイン上の問題で、13本に固定された。

また、国旗の色について、
赤は勇気、白は真実、青は正義を表しているが、
初代大統領 ジョージ・ワシントンによると、
「星は天を、赤の線は母国イギリスを、白の線は独立を象徴している。」
とのこと。


参照:アメリカ国旗 星条旗
   Wikipedia「アメリカ合衆国の国旗」

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chewbacca.blog19.fc2.com/tb.php/21-c50c59eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。