知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はそんなこと言っていない偉人達の名言集
・ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ゲーテの最期の言葉「もっと光を」は有名であるが、
実際には、単に窓を開けて部屋を明るくしてくれと言った
とする説が有力である。

・チャールズ・リンドバーグ

1927年に、世界初の大西洋単独無着陸飛行に初めて成功し、
パリ上空で「翼よ、あれがパリの灯だ」と言ったとされているが、
この言葉は、後世の脚色であり、リンドバーグはその時、
パリ上空にいることすら知らなかった。しかも、
パリ着陸後の第一声は「トイレはどこですか?」だったらしい。

・マリー・アントワネット

フランス国王ルイ16世の王妃、マリー・アントワネットは、
民衆が今日食べるパンもなく、餓えで苦しんでいると聞いた時に、
「パンがないならお菓子(ケーキ)を食べればいいじゃないの」
と言ったとされているが、実はそんなことは言っていない。
上記の発言は、本当は、他の貴族が後世に言った言葉である。

・ナポレオン・ボナパルト

「我輩の辞書に不可能の文字は無い 」という言葉は、有名だが、
実際には「不可能という言葉はフランス語には無い」もしくは、
「不可能というのはフランス的ではない 」と言ったらしい。

・エイブラハム・リンカーン

ゲティスバーグ演説で言った「人民の人民による人民のための政治」という
言葉は有名だが、リンカーンのオリジナルではない。
旧約聖書にジョン・ウィクリフが序文として書き込んだ文章の引用である。

・福沢諭吉

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は、
福沢の著書『学問のすゝめ』にある一節だが、
オリジナルではなく、アメリカ合衆国の独立宣言からの引用である。

また、この文には続きがあり、全文の大意は、次のようなものである。
「人は平等なはずなのに、世の中には貧富の差がある。
何の違いによるのだろう。それは、学問をしているか
していないかの差である。よって、学問をしなさい。」

・板垣退助

板垣退助が遊説中に刺された時に「板垣死すとも自由は死せず」
言ったとされているが、実際に言った言葉は、
「痛くてたまらねえ、医者を呼んでくれ」だったといわれている。

参照:Wikipedia「チャールズ・リンドバーグ」
  :Wikipedia「マリー・アントワネット」
  :Wikiquote「ナポレオン・ボナパルト」
  :Wikipedia「エイブラハム・リンカーン」
  :Wikipedia「板垣退助」
  :Wikipedia「学問のすゝめ」

雑学⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
こんにちは。
偉人たちの残した言葉って意外に後から脚色されたり間違った解釈で定着してしまったりですよね。こうして読んでみるとそのギャップがなかなか面白かったりもするのですが…。
それにしても…板垣退助は驚くでしょうね。まさか自分が死んだ後にこんな名セリフとして残ってしまっているんですから。(笑)
2007/07/12(木) 08:14:46 | URL | 黒船ポーハタン #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
黒船ポーハタンさんこんばんは。
実は、板垣退助は刺された時、死んでいないんです。死んだのはもっと後です。よって、驚くどころか、否定はしなかったのかもしれませんね。
2007/07/12(木) 21:49:50 | URL | chewbacca #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chewbacca.blog19.fc2.com/tb.php/39-22bded11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ナポレオンナポレオン(Napoléon)* フランスの男性名。 ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト) ナポレオン2世(ナポレオン・フランソワ・シャルル・ジョゼフ・ボナパルト、1世の息子) ナポレオン3世 (フランス皇帝)|ナポレオン3世(シャルル
2007/07/30(月) 14:00:55 | ももかのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。