知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芥川龍之介と直木三十五の名前(ペンネーム)の由来
日本の二大文学賞である直木賞芥川賞は、両方とも、二人の友人で
あった文藝春秋社の菊池寛がそれぞれ芥川龍之介と直木三十五を
記念して1935年(昭和10年)に創設した賞で、芥川賞は純文学の新人、
直木賞は大衆文学の新人に与えられる。ちなみに、菊池寛は、
日本麻雀連盟初代総裁を務めた程の麻雀好きとしても知られている。

それでは、この二つの賞に名前を冠されている
直木三十五と芥川龍之介の名前の由来について。

『芥川龍之介』は本名である。

「龍之介」の名前は、辰年辰月辰日辰の刻に生まれたことに
由来すると言われているのだが、芥川の誕生日の1892年(明治25年)
3月1日は、干支暦では壬辰年壬寅月壬辰日である。

『直木三十五』はペンネームで、本名は植村宗一である。

ペンネームの「直木」は「植村」の「植」の字を分解してひっくり
返したもの。「三十五」については、31歳になった時に、年齢に合わせて
「直木三十一」というペンネームを名乗ったのをきっかけに、
以降、「三十ニ」「三十三」と名前を変えていき、35歳になった時
「直木三十五」とした。なお、34歳の時は、縁起が悪いという理由で
「三十四」が飛ばされた為、「直木三十三」は二年間使用された。

そして、「直木三十五」にしてからは、43歳で没するまで、ずっと
このペンネームを使い続けたのだが、「直木三十六」にしなかったのは、
「三十六計逃げるに如かず」と茶化されるのが嫌だったそうである。


最後に『吉村昭』という文学者の芥川賞にまつわる悲劇を。

・彼は、芥川賞に4度もノミネートされたのに、1度も受賞できなかった。
・しかも、そのうち一度は、誤報により受賞した気で会場に行ってしまった。
・そして、ようやく芥川賞を受賞した・・・・・・・・・・・・。妻が。

関連雑学:
[009] ピカソの長すぎる本名
[043] 以外とおもしろい会社名の由来2
[043] 以外とおもしろい会社名の由来2
[049] 人の名前が由来になっているもの(サンドウィッチ伯爵・コンドーム伯爵他)

参照:
Wikipedia『芥川龍之介』
Wikipedia『直木三十五』
Wikipedia『吉村昭』

正しくはトリビア⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
>そして、ようやく芥川賞を受賞した・・・・・・・・・・・・。妻が。

ずっこけました。
2007/07/17(火) 09:23:10 | URL | ミッチョン #- [ 編集 ]
ミッチョンさん
リアクションありがとうございました!
2007/07/20(金) 02:56:46 | URL | chewbacca #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chewbacca.blog19.fc2.com/tb.php/40-3b91f7df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。