知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャップリンは五・一五事件で暗殺されていたかもしれない
1932年(昭和7年)5月15日、海軍の青年将校による反乱事件が起こり
「話せば分かる」「問答無用」の有名なやりとりの後、
時の内閣総理大臣、犬養毅が暗殺された。五・一五事件である。

そして、逮捕した青年将校の供述から、驚くべき事実が判明した。
五・一五事件の前日に初来日していた喜劇王チャップリンも、
暗殺の対象となっていたのである。

五・一五事件が起きた当日、チャップリンは犬養毅と親善目的で
会見する予定だったのだが、当時の運転手、高野虎市の機転により、
直前に会見の予定をキャンセルした。
チャップリンはその替わりに相撲を観戦したため、暗殺されずに
済んだのである。犬養首相が撃たれたという知らせを聞いたのは
国技館からの帰り道である。

もし、チャップリンと犬養毅の会見が予定通り行われていたなら、
チャップリンは五・一五事件で殺されていたかもしれないのである。

なお、チャップリンは、運転手に高野虎市(後にマネージャー)を
採用していただけでなく、一時期は使用人全員が日本人で占められて
いた程の親日家で、彼の有名なステッキも日本産である。

そして、これに懲りずに1936年(昭和11年)3月に二度目の来日を
果たしている。今度は暗殺の対象になるようなことはなかったが、
直前にある事件が起こり、日本は混乱の真っ只中であった。
青年将校による反乱事件、二・二六事件である。

チャールズ・チャップリン

ちなみに、チャップリンはアメリカで開催された
『チャップリンそっくりさんコンテスト』に本人であることを
隠して出場したことがある。

結果は・・・・・・・・惜しくも優勝を逃し、三位だった。

フェ○チオを世に広めたのもチャップリン⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

関連雑学:
[033] 謎の映画監督 アラン・スミシーの正体
[012] クレショフ効果

参照:
Wikipedia「チャールズ・チャップリン」
4度の来日と天ぷら

画像:
ウィキメディア・コモンズ

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chewbacca.blog19.fc2.com/tb.php/41-ce656c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。