知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベートーベンは『運命』『エリーゼのために』を知らない?
・交響曲第5番『運命』

今は亡き作曲家ベートーベンは、自分が作曲した交響曲第五番が『運命』
と呼ばれていることを知っているだろうか。本人だから当然「知っている」
と思うだろうが、実は「知らない」のである。

『運命』という呼び名は、ベートーヴェンが「冒頭の4つの音は何を示すのですか」
と問われたのに対して「運命はこのように扉をたたくのだ」と答えたことに
由来しているのだが、この会話は、ベートーベンの没後、弟子のアントン・
シントラーが伝記に書いたことで明らかになった。
つまり、『運命』はベートーベンが付けた曲名ではなく、ベートーベンの
没後に付けられた単なる愛称なのである。

ちなみに、ベートーベンといえば「運命」と連想されるほど、日本では有名な
この愛称は、海外ではほとんど使われていない。


・『エリーゼのために』

では、ベートーベンは、自分が作曲したピアノ曲が『エリーゼのために』
呼ばれていることは知っているだろうか。今度こそ、本人だが付けた曲名
だから「知っている」と思うだろうが、実は「知らない」のである。

というのは『エリーゼのために』は、本当は『テレーゼのために』なのだが、
ベートーベンの没後、研究者達に発見された際、ベートーベンの字があまりにも
汚かった為、「テレーゼ(Thelese)」を「エリーゼ(Elise)」と読み間違えられ、
『エリーゼのために』として発表されたのである。

この間違いは、ベートーベンがこの曲を作ってから100年以上も後に楽譜の
筆跡鑑定をしたことで明らかになった。「エリーゼ」が「テレーゼ」とも
読めることが分かったのである。
では、なぜ「エリーゼ」は読み間違いで、正しくは「テレーゼ」であると
分かったのか。

それは、「テレーゼ」と聞いて、研究者達があることを思い出したからである。
『エリーゼのために』の楽譜が、テレーゼ・フォン・ドロスディック夫人の
手紙箱の中から発見されたことをである。
ちなみに、ベートーベンは、『テレーゼのために』をテレーゼに贈った1ヵ月後に
テレーゼに結婚を申し込み、振られている。

ともかく、100年以上もの間、ベートーベンとテレーゼだけが、
『テレーゼのために』という本当の曲名を知っていたことになるのである。

参照:Wikipedia「エリーゼのために」
  :Wikipedia「運命」
  :音楽史ミステリー探偵事務所「エリーゼのために」のエリーゼとは誰か?

押して欲しいんだなぁ⇒ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
「ベートーベンのDestiny」は通用しないわけですね(・∀・)
日本だけのオリジナルな呼び方って結構あるかもしれませんね~◎

そしてテレーゼにフられたベトベン不憫すぎます。
やっぱり自分のために曲まで作るような男は「重い」のでしょうか。
2007/07/22(日) 22:54:48 | URL | まぁくつ #Ouk1KsT2 [ 編集 ]
こんばんは。
まぁくつさんコメントありがとうございます。その時、ベートーベン(40歳弱)、テレーゼ(18歳)ですからね。重いっていうか何というか。「お父さんじゃん」ってことだったのではと素直に思ってしまいます。
2007/07/25(水) 01:09:34 | URL | chewbacca #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chewbacca.blog19.fc2.com/tb.php/42-01ae91f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。