知識と雑学の備忘録
知っているとかっこいいかもしれないが、むしろ気持ちが悪いという可能性も否定はできない知識と雑学とトリビアとうんちくの備忘録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ歴代大統領に関する雑学2(リンカーン、ルーズベルト他)
第16代大統領 エイブラハム・リンカーン

「人民の人民による人民のための政治」で有名なリンカーンは法案を閣議に提出して
各省の長官全員が反対すると「反対7、賛成1、よって法案は可決されました」と
平然と決裁していた。

なお、「人民の人民による人民のための政治」という言葉はオリジナルではない。
1380年にイギリスで出版された旧約聖書にジョン・ウィクリフが書いた序文を
牧師のセオドア・パーカーが著書で紹介したを引用したものである。

第20代大統領 ジェームズ・ガーフィールド

ガーフィールドは大統領就任の4か月後に銃撃された。
電話の発明で有名なグラハム・ベルはガーフィールドの体内の弾丸を発見するために
金属探知器を考案した。しかし、金属探知機がガーフィールドが横たわるベッドの縁にも
反応してしまったため発見には失敗した。
一方、医師達が消毒しない指で患部を探ったり、手を突っ込んだりした挙句、
針で肝臓を傷つけるなどの荒療治をした為、2ヵ月後に死去した。

第26代大統領 セオドア・ルーズベルト

趣味の熊狩りの時、その日獲物を一匹も仕留めることができなかったルーズベルトに
気を使って、同行したハンターが追い詰めた熊への最後の一発をルーズベルトに譲った。
しかし、ルーズベルトは「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神に反する」として
その熊を撃たなかった。このエピソードに因んでルーズベルトの通称「テディ」と名付けた
熊のぬいぐるみが発売された。これが「テディベア」の起源である。

第27代大統領 ウィリアム・ハワード・タフト

体重が160kg近くあったので、ホワイトハウスのバスタブに体がはまり、出られなく
なったことがある。この出来事によってホワイトハウスのバスタブはより大型のものに
取り替えられた。

1910年に『ワシントン・セネタース』の開幕式でアメリカで初めて始球式を行ったのも、
太り過ぎのタフトを見かねた側近がタフトに運動させようと始球式を思いついたのが、
きっかけである。以降歴代の大統領が、開幕に始球式を行うことが恒例行事となった。

アメリゴ・ヴェスプッチブログランキング・にほんブログ村へ

関連雑学:
[002] アメリカ歴代大統領一覧
[014] リンカーンとケネディの共通点(100年の呪い)
[021] アメリカの国旗に隠された意味とは
[028] アメリカの首都ワシントンD.C.は何州にあるのか
[050] アメリカ歴代大統領に関する雑学1(ワシントン、ジェファーソン他)

参照:
Wikipedia「エイブラハム・リンカーン」
人間科学大辞典「アメリカ大統領の権限と地位」
Wikipedia「ジェームズ・ガーフィールド」
Wikipedia「テディベア」
Wikipedia「ウィリアム・タフト」

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。